ホーパーズ株式会社

【東京】リースバックでフルリノベーション!不動産投資の秘訣とは?

簡単相談はこちら

【東京】リースバックでフルリノベーション!不動産投資の秘訣とは?

【東京】リースバックでフルリノベーション!不動産投資の秘訣とは?

2023/09/14

不動産投資は、収益性の高い投資として注目されています。しかし、初めて不動産投資を始める人にとっては、どのような物件を選べばよいか分からないという悩みがあります。そこで注目されているのが、リースバックという手法です。今回は、東京都内で行われたリースバックによるフルリノベーションの事例を紹介しながら、不動産投資における秘訣について解説します。

目次

    リースバックとは?

    リースバックとは、不動産のオーナーが自社で所有している建物や土地などを、新たに設立した戸建業などの運営会社に売却し、同時に賃貸契約を結ぶことで、利益や現金化を行う方法の一つです。リースバックを行うメリットは、不動産オーナーが不動産を所有することで得られる投資収益に加え、自社が新たな業務に注力できるようになったり、業務資金を確保できる点が挙げられます。一方で、リースバックを行う場合、建物や土地の評価価格、賃貸契約金利率、賃貸契約期間など、いくつかの課題をクリアする必要があります。リースバックを行う場合は、綿密な検討が必要となるため、不動産オーナーは業務拡大のためには必要な手段の一つとして、専門家のアドバイスを受けながら検討することが大切です。

    フルリノベーションのメリット

    フルリノベーションとは、建物を完全に解体し、土台から再構築する手法です。この手法には、不動産業界において多くのメリットがあります。 まず一つ目のメリットは、建物の価値が上がることです。フルリノベーションにより、古い建物でも最新の設備を取り入れ、デザイン性にも優れた物件を作り上げることができます。そのため、他の物件に比べ、高値で売買される可能性があります。 二つ目のメリットは、建物の耐久性が向上することです。解体することで、古い建物に潜む構造的な問題を発見し、修正することができます。また、最新の耐震設計や断熱材などを取り入れることで、将来的なメンテナンスコストの削減に繋がります。 三つ目のメリットは、環境に対する配慮ができることです。古い建物を解体することで、廃棄物や不良品の処理による環境負荷を減らすことができます。また、最新の省エネ設備を導入することで、エネルギーの節約にも繋がります。 以上のように、フルリノベーションには不動産業界において多くのメリットがあります。今後、需要が増えることが予想されるため、不動産業界に携わる方々は取り入れることを検討する必要があるでしょう。

    東京の不動産市場の動向

    東京の不動産市場は、過去数年間で大幅な価格上昇が見られています。人口増加や外国人旅行者の増加による需要増加、低金利政策による融資需要などが背景にあります。投資家は、安定収益を期待して購入に踏み切る傾向があります。また、海外からの不動産投資家も多く、その影響もあります。しかし、コロナ禍により需要が減少する可能性もあります。今後の東京の不動産市場の動向に注目が必要です。

    リースバックにおける確かめるべき5つのポイント

    不動産業界において、リースバックとは、自社が保有している不動産を一部または全て売却しつつ、引き続きその不動産を事業に活用するために、売却した不動産を元に、賃貸契約を締結することです。 リースバック契約は、事業者にとってキャッシュフローの改善、経営の効率化、固定資産の最適化などのメリットがありますが、注意点もあります。ここでは、リースバック契約を検討する際に確かめるべき5つのポイントについて紹介します。 1. リースバックの利用目的が明確であること 事業に必要な不動産を保有することが必要かどうかを検討し、利用目的が明確であることを確認してください。 2. リースバック契約期間が長く、リースバック手数料や家賃が高くなっていないか確認すること 契約期間が長く、リースバック手数料や家賃が高くなっている場合、事業のキャッシュフローに影響を与える場合もあるため、注意が必要です。 3. リースバック対象不動産の評価額が公正であることを確認すること 重要なポイントです。リースバック対象不動産の評価額が公正であることを確認してください。 4. リースバック対象不動産の権利や負担が明らかであること リースバック対象不動産の権利や負担が明らかでない場合、その後問題が発生するリスクもあります。 5. リースバック契約によって得られる利益が、事業にとって適切であることを確認すること リースバック契約で得られる利益が、事業にとって適切であることを確認してください。 以上の点に留意し、リースバック契約を検討することで、事業の資金面の改善を実現することができます。

    リースバックでの不動産投資成功のコツ

    リースバックは、所有している不動産を売却せずに、賃貸契約を結ぶことにより現金化する方法です。この方法で不動産投資を行う際、成功するためのコツがあります。 まず、将来の賃貸収入を評価し、リース契約の条件を決定することが重要です。収益物件である以上、将来のキャッシュフローを正確に予測することが、安定的な投資につながります。また、リース契約の期間や賃料の相場も重要な要素です。しっかりと検討し、リスクを抑えた契約内容を作成することが必要です。 次に、テナント探しをきちんと行うことが重要です。安定的な収益を得るためには、優良なテナントを継続的に確保する必要があります。そのため、地域の需要や競合物件との差別化、広告など、テナントを募集するための戦略を考えることが必要です。 最後に、管理会社の選定も大切なポイントです。テナント管理や契約対応など、日々の管理業務はしっかりと行われる必要があります。信頼性の高い管理会社を選び、管理質の向上に努めることが不動産投資の成功につながります。 以上、リースバックでの不動産投資成功のコツは、利回りの予測、テナント探し、管理会社の選定にあります。綿密な計画と事前の準備を行い、計画的な投資を行うことで、安定的な収益を得ることができるでしょう。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。