ホーパーズ株式会社

東京の任意売却ならホーパーズ株式会社 | 任意売却の流れ

お問い合わせはこちら

任意売却の流れ

手続きの流れをわかりやすくご紹介

Flow

任意売却に関わる手続きの流れについて、わかりやすくご確認いただけるよう、ご相談段階から実際の売却までの各ステップについてフローでご紹介しております。任意売却の手続きは、一般的にあまり馴染みがないものです。実際に手続きをされるのは初めてという方ばかりです。具体的にイメージがしづらい売却手続きについて、参考としてご覧いただけるようにご紹介しています。

売却に関わる委任状と媒介契約の締結

STEP01

まずは現状の把握を的確に行うため、ローンの残債やご事情をお聞かせください。詳細を確認して、お客様にとっての最適な売却方法をご提案いたします。任意売却についても細かくご説明し、細かな疑問点も全て解消いたします。ご不明点がありましたら遠慮なくご質問ください。ご納得いただけましたら売却手続きの代行を行うための委任状をいただき、媒介契約を結びます。


債権者である金融機関との交渉を実施

STEP02

住宅ローンの債権者である金融機関に対して、任意売却の意思を伝えます。相手方の債権者によっては、個人情報同意書等、手続きに関する必要書類の提出が求められるため、状況に応じて準備を進めます。債権者との交渉は全てお任せください。専門家としてできるだけ有利な条件となるよう交渉を行います。任意売却について合意ができれば、実際に物件の売却手続きを開始することになります。


市場調査に基づき売却価格を決定

STEP03

不動産の専門家として市場調査を行い、物件の査定額を算出します。その査定額と債権者が算出した査定額を照らし合わせて見極めを行い、実際の売却額を決定します。販売価格が決定した段階で、実際に物件の販売を開始します。できるだけ早期の売却が実現するように、広告・宣伝活動を進めていきます。それによって購入希望者が見つかれば、実際の売買取引契約へと進みます。


販売を開始し売買契約締結・決済

STEP04

物件の販売を開始し広告・宣伝活動を行います。購入希望者が現れたら、売買契約へと進みます。条件に合意できれば売買契約を締結しますが、その際、重要となるのは債権者の意向確認を行うことです。債権者合意のもとで、最終的な売却価格を決定し、決済・引き渡しへと移ります。売却が滞りなく進みそれによって得た売却金額については、債権者へと支払われることとなります。


競売申し立ての取下により任意売却終了

STEP05

物件の売却金としてお金を得たら、その金額を債権者へと支払います。一方、債権者はその支払いを確認できた段階で、裁判所へ競売申し立ての取下書を提出します。裁判所がその取下書を受理することで、競売手続きは中断され任意売却が終了することとなり、交渉によっては新居への転居費用が受け取れます。住宅ローンのお悩みが解決しお客様にとっての人生の新たなスタートが始まります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。