ホーパーズ株式会社

リースバックで生活再建!お金の悩みを解消しよう

お問い合わせはこちら

リースバックで生活再建!お金の悩みを解消しよう

リースバックで生活再建!お金の悩みを解消しよう

2023/09/01

リースバックは、自分が所有する不動産を売却し、同じ不動産を賃貸契約によって取り戻す方法です。この方法を用いることで、現金化も可能であり、生活再建の一助となることが期待できます。この記事では、リースバックのメリットや注意点について解説し、お金の悩みを解消する方法をご紹介します。

目次

    リースバックとは

    リースバックとは、不動産業界において使用される用語で、物件所有者が自社が所有する物件を第三者に売却し、同時にその物件を長期リースすることを指します。つまり、物件所有者が自社で使用している物件を現金化し、資金調達が可能になるというメリットがあります。また、リースバックすることで物件所有者は、現金化した物件を借りるための借入金を返済することで、信用力向上にもつながるとされています。さらに、リースバックによって物件所有者は、自社で物件を保有する場合に発生する修繕やメンテナンス費用を抑えることができるため、経費削減にもつながるとされています。ただし、リースバックにはリスクもあり、物件を長期リースする場合には、リース先の企業の信用力や経営状況に注意が必要です。

    どんな物件が対象?

    不動産業界では、様々な物件が取り扱われています。一般的には、住宅やマンション、アパート、土地などの住宅用物件を扱うことが多いですが、商業用物件やオフィスビル、工場用地や倉庫、ショッピングモールなども扱われます。また、古民家や歴史的建造物などの不動産も人気があります。不動産業界では、物件の位置や周辺環境、建物の構造や設備など多岐に渡る要素を考慮して査定を行うため、専門知識を持った不動産会社が多数存在しています。どのような物件でも、立地や価格、使い方などによって異なる価値観が存在するため、丁寧な査定を行い、適切な取引を行うことが求められます。

    お金の悩みを解消!

    お金に関する悩みは、誰にでも起こりうるものです。不動産業界で働く私たちも、お客様の悩みを解決することが大切なミッションのひとつです。 不動産購入を検討する際には、ふだんお金の管理をどう行っているかを見直すことも重要です。収入や支出のバランスを整えることで、住宅購入がスムーズに進むことがあります。 購入にあたり、多額のお金が必要になることがありますが、頭金やローンの返済計画をしっかりと立て、無理のない返済計画を実行することが大切です。 また、住宅ローンの金利変動にも、目を向ける必要があります。長期にわたり返済するということは、金利によって返済額が大きく変わることを意味しています。適切なタイミングでの返済方法を検討しましょう。 私たち不動産業界のプロは、お客様のお金に関する悩みを解決するために知識やノウハウを持っています。不動産購入においても、お金に関する悩みを解消して、より理想の住まいを手に入れましょう。

    リースバックを利用する前に知っておきたいデメリットとは

    不動産投資において、リースバックはオーナーが自己所有の不動産を企業等に売却し、同時にその不動産を借り受けるという取引形態です。資金調達の手段として用いられることがありますが、その一方でデメリットも存在します。 まず、リースバックによる不動産売却は、不動産を所有し続ける資産家にとって、将来的なキャピタルゲインや家族の世代継承等の可能性が低下することが挙げられます。また、将来的な家賃収入が確保されるわけではないため、収入源として想定していた場合は、リスクがあるといえます。 また、リースバック契約には貸主が不動産所有者に対し、固定期間を設けているため、早期解約ができない場合があります。そのため、不動産を売却することができる最大額が事前に確定しているため、市場変動によって価値が急落した場合、不動産所有者が損失を被るリスクがあります。 リースバックは、不動産売却時のキャッシュフロー確保など、いくつかのメリットがある一方、デメリットも存在します。契約内容やリスクなど、慎重な検討が必要です。

    リースバック以外にもある方法

    不動産業界における資金調達の手段には、リースバック以外にも様々な方法があります。例えば、物件を担保にしたローンや、株式公開(IPO)による資金調達が挙げられます。 物件を担保にしたローンは、不動産を所有する企業が所有物件を担保に銀行から融資を受けるという手段です。物件の価格に比べて金利が低い場合が多く、返済期間も長いため、リースバックに比べてコスト面で優れています。 また、株式公開は、不動産会社が上場することによって資金調達を行う方法です。多くの資金を調達できるというメリットがありますが、上場には数多くの手続きが必要であり、上場後の企業運営も厳しくなります。 どのような資金調達方法をとるかは、企業の経営スタイルや、今後の事業展開の方針によって異なります。適した資金調達方法を選択し、事業の拡大・発展につなげることが重要です。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。