ホーパーズ株式会社

生活再建の後押しに!リースバックで不動産を売却しよう

お問い合わせはこちら

生活再建の後押しに!リースバックで不動産を売却しよう

生活再建の後押しに!リースバックで不動産を売却しよう

2023/08/15

生活再建するためには、大きな資金が必要な場合があります。その際、持っている不動産を売却することで資金を調達することができます。しかし、不動産を手放すことに躊躇してしまう人もいるかもしれません。そこで、不動産を売却しながらも住み続けることができるリースバックという方法があります。この方法を利用することで、生活再建の後押しをすることができます。本記事では、リースバックの詳細やメリットについて解説していきます。

目次

    リースバックとは?

    不動産業界において注目されているリースバックとは、所有する不動産を賃貸契約によって貸し出し、同時にその資産を現金化することを言います。具体的には、不動産所有者が自らが所有する物件を不動産会社等に貸し出し、同時に貸し出した不動産を担保に資金調達を行うことで、一定期間後の返済や撤去の際に優位な条件での支払い等ができる経済的メリットを享受することができます。これを検討する場合には留意点として、貸し出す不動産の種類や貸出先、契約内容等を十分に検討する必要があると言えます。また、現在、コロナ禍において売り手側としての需要が高まっていることから、貸し出しによる現金調達が思わぬボーナスとなる場合も見受けられます。リースバックは企業や個人によって検討され、今後も評価が高まることが想定されます。

    リースバックで不動産を売却するメリットとは?

    不動産を持っている人が資金繰りに困った場合、リースバックという方法があります。リースバックとは、不動産を一度売却し、その後にその不動産を賃貸契約で利用するというものです。この方法には、何らかの理由で現金が必要な際に手元に資金を用意することができるというメリットがあります。また、リースバックにより、現在使っていない空き地や建物を活用することができます。賃貸契約を通じて、土地や建物が一定期間の間有効に使われた状態になるため、オーナーにとっては適切な利用と言えます。リースバックは、借金返済や事業資金調達といった利用方法が考えられます。ただし、注意が必要なのは、リースバックで不動産を売却する場合、元の所有者が再度不動産を取得することはできないため、リースバックをする前に熟考する必要があります。

    リースバックで得られるお金の使い道

    リースバックとは、不動産を所有するオーナーが、その物件を買い取ることで現金を手にする金融商品です。不動産を所有することで現金が必要な場合に、ローンを組むことなく現金を得ることができます。では、リースバックで得られるお金をどのように使えば良いのでしょうか。 まずは、将来の不動産への投資に使うことができます。適切な物件を見つけ、その物件を所有することで、将来的に不動産の価値が上がれば、差額で利益を得ることができます。また、自分が将来的に利用する不動産物件を購入するために、リースバックで得た現金を使うこともできます。 次に、ビジネスの拡大資金に使うことができます。事業を展開するためには、たくさんの資本が必要になります。リースバックで得た現金を事業拡大のために使うことで、より多くの資金をあてることができ、ビジネスの成長につなげることができます。 最後に、リースバックで得た現金を、借金の返済に使うこともできます。借金をしてしまった場合に、それを返済するためには資金が必要です。リースバックで得た現金を使うことで、より早く借金を返済することができ、スムーズな経済状況を保つことができます。 以上のように、リースバックで得られるお金を有効に使うことで、不動産投資やビジネスの拡大資金、借金の返済など、それぞれの目的に合わせた使い道があります。しっかりと計画を立て、効率的に資金を使いましょう。

    注意点!リースバックの契約書について

    不動産業界において、リースバック契約はよく知られている方法の一つです。リースバック契約とは、所有している不動産を賃貸物件として貸し出し、その代わりに賃料を受け取ることができる契約形態のことです。この契約形態には注意点があり、特に契約書については重要なポイントとなります。 契約書には、リース期間や賃料の支払い方法、解約に関する条件などが明記されていることが望ましいです。また、リースバック契約では、賃料収入を期待しているため、入居者を選定するプロセスも重要です。このため、契約書には、入居者の選定に関する内容も含まれることがあります。 さらに、契約書に記載されている内容が法的に有効であることが大切です。契約書に関する法律知識が不十分な場合は、不動産業者や弁護士などの専門家に相談することが必要です。 リースバック契約には、上記のような注意点がありますが、契約書をしっかりと確認し、法的なリスクを最小限に抑え、安心して取引を進めることができるようにしましょう。

    リースバックは誰に向いている?

    リースバックは、不動産を所有しているが現金化が必要な個人や法人に向いています。不動産を売却して現金化するのではなく、リースバックによって現金化しながら、そのまま不動産を使用し続けることができます。 特に、経営状況の悪化や事業拡大のための資金調達などで資金が必要な企業にはリースバックが有効です。不動産の所有権は移転しないため、企業の財務状況に影響を与えず、所有権を維持したまま資金調達ができます。 また、老後資金のために、不動産を売却することが大変な場合や、相続などで不動産が相続された場合にも、リースバックは効果的です。現金化しながら、そのまま不動産を利用することができるため、預貯金や運用不動産としても活用することができます。 リースバックは、資金調達や老後資金の確保などにおいて有用な方法です。不動産を所有する個人や法人にとって、そのまま活用しながら現金化する方法としてリースバックを検討することをおすすめします。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。