ホーパーズ株式会社

リースバックとは?

お問い合わせはこちら

リースバックとは?

リースバックとは?

2023/08/02

不動産を所有する企業は、その物件に価値がある場合、リースバックと呼ばれる方法で現金を調達することができます。リースバックとは、企業が不動産を所有し、その物件を専門家に売却し、その場所をリースバックするという手法です。この方法を用いることで、企業は現金を手に入れることができますが、同時にその物件を利用できるため、事業を続けることもできます。このようなリースバックという手法は、慎重に上手く取り入れることで、企業の新たな展望につながる可能性があります。

目次

    リースバックとは?

    リースバックとは、不動産の所有者が持つ不動産を金融機関などに貸し出し、その不動産を借り手が使用することで得た収益を自らが利用することができるという取引のことです。 この取引のメリットは、不動産オーナーが不動産を手放すことなく、相応した収益を得ることができる点です。また、資金調達ができ、その資金を事業拡大や投資に活用することも可能です。 具体的には、企業が持っている物件を貸し出すことで、バランスシートを改善することもできます。また、不動産の管理費や修繕費などのコストを削減し、リースバックに伴う収益によって企業経営に必要な資金を確保することができます。 一方、デメリットとしては、借り手が支払いを滞らせる場合に、不動産オーナーが支払いを強制することができないという点が挙げられます。また、取引に伴う手数料や利子も発生するため、慎重な取引が必要です。 不動産オーナーにとっては、リースバックは資金調達やリスク回避の手段になるため、積極的に活用することができるでしょう。一方、借り手にとっては、事業拡大や経営改善を目指す際に有効な手段となるため、検討してみることが必要です。

    物件売却とリース契約の合わせ技

    不動産業界での物件売却やリース契約は、それぞれ独立した取引として扱われることが一般的ですが、これらを組み合わせることで効果的な取引が実現することもあります。 例えば、ビルやマンションなどの大型物件を所有している場合、資金調達のために売却を考えることもあるでしょう。しかし、単に売却するだけではその後の収益機会が失われることになります。このような場合に、リース契約を結ぶことで、物件の管理や運営を行いながら収益を得ることができます。 また、物件売却が必要であっても、将来的には物件を再取得したいというケースもあります。このような場合には、売却の条件として買い戻し権を付けることができます。そして、購入資金の一部をリース契約に充てることで、新たなファンド調達が不要となり、より資金効率の良い経営が可能となります。 以上のように、物件売却とリース契約を組み合わせることで、不動産業界においては、より効果的な経営が実現可能となります。しかし、適切な条件を定めることが重要であるため、専門家との相談が必要です。

    企業がリースバックを選ぶ理由とは?

    企業が不動産の所有権を売ることで、その不動産をリースすることをリースバックといいます。企業がリースバックを選ぶ理由として、資産を活用することが考えられます。たとえば、ビルや工場、店舗など、自社で保有している不動産をリースバックすることで、企業の業務資金を獲得することができます。また、不動産を所有している場合、その不動産の修繕や改修費用、税金などの費用がかかるため、それらの負担を軽減するためにリースバックを選ぶ企業もあります。さらに、リースバック契約は、企業にとって短期的な資金調達の方法となるため、迅速に資金を調達して事業拡大を図ることができます。以上のように、企業がリースバックを選ぶ理由は多岐にわたりますが、現金化による事業の資金調達、コスト削減、不動産のメンテナンスコスト負担軽減、短期的な資金調達などが主な理由となります。

    リースバックにおけるリスクとメリット

    不動産業界において、リースバックという取引方法は、所有者が自ら所有している不動産を売却後に賃貸契約を結ぶことで、不動産資産を活用し現金化する方法です。 リースバックのメリットは、現金化できるという点です。不動産を所有しても、現金化することは容易ではありませんが、リースバックならば、不動産を売却することで現金化することが可能です。また、元々所有していた不動産を利用する場合はリースバックにより、所有していた不動産を売却した場合よりも条件面で有利になることもあります。 しかし、リースバックにはリスクもあります。リースバックでは、売却された不動産が、賃貸料や契約期間の問題など、不動産市場の変動に応じた損失を被るリスクがあります。また、賃貸料が予定通りに支払われない場合や、契約期間中に建物が破損してしまう場合など、様々なリスクがあります。 以上のように、リースバックにはメリットとリスクが存在します。不動産業界に携わる人々が、取引を行う際には両者を把握し、適切な判断を下す必要があります。

    不動産のリースバックが注目される理由

    不動産のリースバックが注目される理由として、まずは不動産投資家にとって、収益が見込める魅力的な投資先であることが挙げられます。リースバックとは、物件所有者が自社の不動産を不動産投資信託やファンドなどに売却し、その後に同じ物件を一定期間リースバックで借り入れるという仕組みです。投資家は不動産の所有権や管理責任を負わず、安定した収益を得ることができます。 また、リースバックは不動産を持っている企業にとってもメリットがあります。例えば、様々な理由で現金が必要になった際に不動産を売却することは、コストや手間がかかります。しかし、リースバックであれば現金調達ができ、同時に不動産の使用権も継続できるため、経営に支障をきたすことなく柔軟な経営が可能となります。 また、将来的に投資家が物件を手放す場合にも、リースバックは有効な手段となります。物件オーナーとリースバック契約を結ぶことで、物件の将来的な売却や再開発に対応することができ、物件評価額のアップも期待できます。 以上のように、不動産のリースバックは、不動産投資家にとっては安定した収益を得ることができ、不動産を持っている企業にとっては柔軟な経営が可能となるため、注目を浴びています。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。