ホーパーズ株式会社

親子間売買のメリット・デメリットと成功のポイント

お問い合わせはこちら

親子間売買のメリット・デメリットと成功のポイント

親子間売買のメリット・デメリットと成功のポイント

2023/07/26

日本においては、親子間での売買がよく行われます。親から子への不動産や株式の譲渡や、子から親への援助など様々な形がありますが、このような売買にはメリットとデメリットが存在します。また、成功するためのポイントがあります。本記事では、親子間売買のメリット・デメリットと成功のポイントを探っていきます。

目次

    親子間売買のメリットとは?

    不動産の世界において、家族間での売買はよく行われています。それは、たとえば親子間であれば、相続や贈与といった家族関係が理由となるケースが多いからです。 親子間での不動産売買には、メリットがいくつかあります。まず、取引に関する信頼関係が築きやすいことが挙げられます。家族同士であれば、信頼関係があるので、不動産の売買に際しても細かいトラブルが起きにくいといえます。また、手形やその他の保証等の必要書類を用意する必要がなく、手続きがスムーズに進むという利点もあります。 さらに、相場よりも安く手に入る可能性があるという面があります。これは、例えば相続対策を目的として不動産を贈与する場合、自分の子供に安価な価格で売却することができるため、子供側にとっては大きなメリットです。 一方で、親から子供に物件を売る場合、親が家に住み続けたい場合があるかもしれません。このような場合は、売却金額を親が受け取り、賃貸料を子供が支払うといった形をとることができるため、双方にとってメリットがあるといえます。 以上のように、親子間での不動産売買にはメリットがありますが、売買には費用がかかる場合があるため、注意が必要です。また、贈与や相続といった家族間の関係による商取引であるため、専門家のアドバイスを仰いでから取引を行うよう心がけましょう。

    親子間売買のデメリットとは?

    不動産取引において、親子間の売買は、一見すると手軽でスムーズな取引に見えます。 しかし、親子間売買には様々なデメリットが存在します。 まず、取引価格が適正であるかどうかが疑問視されます。例えば、親から子へ物件を売る場合、適正な価格で売却する必要はありますが、売買価格を安くした場合、贈与税の対象となります。 また、相続の手続きに影響することもあります。相続に必要な評価額に売買価格が悪影響をおよぼすことがあり、課税額に影響することもあります。 さらに、不動産取引においては、専門家によるアドバイスが不可欠ですが、親子間取引においては、専門家のアドバイスを受ける機会が少なく、失敗のリスクを抱えてしまいます。 親子間売買のデメリットは、取引における公平性が保たれないことです。売り手である親は子に対して特別扱いをすることがあるため、公正な取引ができないこともあります。 以上のように、親子間売買には様々なデメリットが存在します。親子間取引を考える際には、売買価格や相続手続き、不動産取引におけるアドバイスなどを十分に吟味し、専門家に相談することが大切です。

    親子間売買の成功のポイント①:明確なルール設定

    不動産取引において、親子間の売買には多くの懸念があります。そのため、親子間の売買を成功に導くためには、明確なルール設定が必要です。まず、売買条件や価格の交渉に関するルールを定めることが大切です。価格交渉において、親は子供に対して特別な価格を提示してしまったり、子供は親に対して高い売値を要求してしまう可能性があります。そこで、どのような条件で価格交渉を行うのか、どの程度の値下げや値上げが受け入れ可能かなど、具体的に決めておくことが重要です。 また、物件の調査や契約書の作成についても、明確なルールが必要です。売買に際して必要な手続きや物件のチェックリストなどを作成し、それに従って調査を行うことで、不動産取引に潜むリスクを最小限に抑えることができます。加えて、契約書の作成においても、専門家のアドバイスを受けながら、予期しないトラブルを未然に防ぐことができます。 以上のように、親子間の不動産取引を成功に導くには、明確なルール設定が不可欠です。家族間での取引には感情的な要素が絡むことが多いため、ルールに従い、合理的かつ公正な取引を行うことが大切です。

    親子間売買の成功のポイント②:価格設定の適正化

    親子間売買において、売主である親と買い手である子供双方が納得できる価格設定が必要です。価格が高すぎると子供は買えず、低すぎると親は損をしてしまいます。そこで価格設定の適正化が必要となります。 一般的に不動産価格は、生活環境の良さや物件周辺の施設などによって左右されます。しかし、親子間売買では、それらよりも家族の価値観や影響力、親子関係が大きく働きます。例えば、子供が自分が育った家に買い手として興味を持っている場合、親は思い入れが強いため、マーケット価格よりも高めに設定してしまう可能性があります。 そこで、価格設定の適正化のポイントは以下の3つです。 1. 市場調査を行い、同じような物件がどの程度の価格で売買されているかを確認する。 2. 実際に専門家に査定してもらい、その査定価格を参考にする。 3. 家族会議を行い、価格設定に関する意見交換をする。 以上のような手順を踏んで、適正な価格を設定することが大切です。親子双方が納得し、円満な売買ができるように努めましょう。

    親子間売買の成功のポイント③:コミュニケーションの改善

    親子間での不動産売買において成功するためには、コミュニケーションの改善が非常に重要です。何事もコミュニケーションが上手くいかなければ、うまくいくことはありません。不動産売買も同じで、親子間でのコミュニケーションが不良であれば、うまくいくことはありません。 親子間でのコミュニケーションを改善するには、まずはお互いの意見を尊重することが大切です。思い通りに事が運ばないこともありますが、親子それぞれが納得できる解決策を探るためには、お互いの意見を尊重し合うことが欠かせません。 また、不動産売買には法的な手続きもありますので、お互いが不動産や法的な手続きについて勉強することも大切です。親子によっては、不動産売買に関する知識が不十分な場合もあるため、専門家にアドバイスを求めることも必要となります。 さらに、親子間でのコミュニケーションを円滑にするために、不動産売買に関する情報を共有することも大切です。面談や電話で情報を共有するだけでなく、SNSやチャットアプリを活用することもオススメです。 以上のように、親子間での不動産売買において、コミュニケーションの改善が極めて重要です。お互いの意見を尊重し合い、知識を共有することで、よりスムーズな不動産売買が実現できます。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。