ホーパーズ株式会社

不動産の親子間売買とは?

お問い合わせはこちら

不動産の親子間売買とは?

不動産の親子間売買とは?

2023/07/19

不動産の売買には、様々な形態がありますが、その中でも親子間での売買は特に注目されるものです。親子間での不動産の売買は、相続や贈与の形式で行われ、その際には注意すべきポイントがあります。本稿では、不動産の親子間売買について解説していきます。

目次

    不動産の親子間売買とは?

    不動産の親子間売買とは、お互いに親子関係を持つ売主と買主が不動産物件の売買をすることを言います。 親の持つ不動産を相続した子どもたちが、その不動産を手放したい場合には、他の買い手と同じように不動産会社を利用して売却することができます。ただし、親子間での売買によって発生する税金の問題や、正当な買取価格の設定など様々な問題があります。 一方、親が存命中に、将来的に子どもたちに不動産を譲渡することも可能です。この場合、譲渡税がかかってくることに気をつけなければなりませんが、親としては生前に不動産を贈与することで相続税を回避することもできます。 親子間の売買は、特殊な売買契約になることが多く、専門家に相談することが必要です。また、将来的な相続問題を回避するためにも、相続に関する遺言や信託の設定なども考慮する必要があります。 最近では、親から子への不動産の贈与や、子から親への代価なしの譲渡など、親子間の売買が増加しています。資産分の特例や住宅ローン減税など、税制上の優遇措置を活用できる点も魅力的ですが、問題が起こらないように専門家と相談しながら進めることが大切です。

    なぜ親子間で不動産の売買が行われるのか?

    親子間で不動産の売買が行われる理由は、様々なものがあります。 まず、子供が親から不動産を相続する場合、相続税を支払う必要があるため、売却することで税金の負担を軽減することができます。また、親が不要になった物件を子供に譲ることで、家族の資産を増やすことができます。 一方で、親が高齢化し生活が苦しくなった場合、子供が手伝うために親と同居することがあります。この場合、親から不動産を売却することで、親が必要とするお金を手に入れることができるため、生活の支援に役立てることができます。 さらに、子供が自分の居住用の不動産として親から物件を譲り受ける場合があります。 親子間での不動産売買には多くのメリットもありますが、その取引には税法上の規則に留意する必要があります。しっかりとした専門家からアドバイスを受けて行うことが必要です。

    注意点1:税金や手続きについて

    不動産にかかる税金や手続きには、しっかりとした理解が必要です。まず、不動産取得には所定の登録が必要で、登記には登録免許税という税金がかかります。また、購入した不動産が建物を含む場合には、固定資産税も支払わなければなりません。これらの税金は支払いを忘れたり、支払期限を過ぎた場合には利息や遅延損害金が発生するので、必ず納税期限を守るようにしましょう。また、不動産を売却する際には、売却益に対して譲渡所得税がかかる場合があります。この場合には、売却する前に必要書類を準備し、税金の額を計算しておく必要があります。このように不動産には、多くの税金や手続きが必要です。税務署や県土地建物課での相談や、税理士などの専門家に相談することで、不動産に関する税金や手続きについて正確かつ迅速な対応ができます。

    注意点2:公示価格や相場を調べる方法

    不動産を売買する際に、重要なポイントの1つとして公示価格や相場を把握することが挙げられます。公示価格とは、不動産会社が取り扱う物件の最低価格を示したものであり、買主が最低限支払わなければならない金額となります。相場とは、同種の物件が取引された金額の平均値を指し、その市場価値を反映したものとなります。 公示価格や相場を調べる方法としては、不動産情報サイトや不動産会社のホームページなどを利用する方法があります。多くの場合、物件掲載ページには公示価格や相場が記載されていることがほとんどです。また、不動産会社の担当者に直接問い合わせることもできます。その他にも、インターネット上には不動産に関する相場情報が掲載されているサイトもあり、そちらを参考にすることもできます。 ただし、公示価格や相場で提示される価格はあくまでも目安であり、市場の状況や物件の状態、地域の要因などによって大きく変動することがあります。そのため、物件を購入・売却する場合には、しっかりと相場調査を行い、専門家の意見も聞くことが重要です。また、自分自身が価値を判断できるように、不動産に関する知識をつけておくことも大切です。

    メリット・デメリット:親子間で不動産を売買する利点と欠点

    不動産を売買する場合、親子間で取引を行う場合もあります。このような取引には、利点と欠点があります。 利点の一つは、信頼関係があることです。親子間の取引であれば、お互いに信頼していることが前提となります。そのため、不動産取引に関するトラブルが少ない傾向があります。また、交渉がスムーズに進行することもメリットの一つです。家族間であれば、価格や条件に関して話し合いやすく、思いやりのある取引が行われることが多いです。 しかし、欠点としては、感情的な問題が生じる可能性があることです。不動産取引は大きなお金が動くため、価格や条件面での意見対立が生じることがあります。そういった場合、親子間の関係に悪影響を及ぼすことがあります。また、価格や条件面での交渉が難航することもあります。特に、家族間であれば、感情的になりやすく、問題が発生することがあり、うまく交渉できないことも考えられます。 以上から、親子間での不動産取引にも利点と欠点があることがわかります。十分な話し合いを行い、トラブルを回避するためにも、専門家のアドバイスを参考にすることがおすすめです。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。