ホーパーズ株式会社

リースバックで現金化!

お問い合わせはこちら

リースバックで現金化!

リースバックで現金化!

2023/06/04

物件を所有しているけれども現金が必要となった際、リースバックという方法があります。リースバックとは、物件を買い取った上でその物件を賃貸契約を結び、売り手が家賃を支払うことで現金化する方法です。自分が所有する物件をリースバックすることで、資金調達ができ、事業資金や生活費として活用することができます。もし、現金が必要な場合は、リースバックを検討してみてはいかがでしょうか。

目次

    リースバックとは?

    リースバックとは、不動産所有者が持つ不動産を第三者に貸し、同時に貸し手として使用権を取得するという取引方法のことを言います。これによって、不動産所有者は所有している不動産の資産価値を現金化し、必要な資金を得ることができます。 一方で、リースバックを行う企業は借入資金を調達することができます。不動産を資産として持つことができるため、ある程度の担保価値を持っています。そのため、融資を受ける上でのハードルが下がり、低金利での借入が可能となります。 リースバックは、企業が経営上必要な資金を調達するために、また不動産所有者がキャッシュフローを改善するために利用されることが多く、業種を問わず広く活用されています。また、不動産を戦略的な資産として保有するためにも、利用されることがあります。 ただし、リースバックは資産売却ではないため、企業が不動産所有者として契約を継続している間は、使用権を持っているという制約があります。そのため、企業としての自由度が制限されることになります。また、リースバック契約には利用者個人の信用力が必要となるため、契約が成立しないケースもあります。

    リースバックで不動産を現金化するメリット

    不動産を所有することは、多くの場合、高額な投資となります。しかし、所有している不動産を現金化することで、資金調達が必要な場合に役立ちます。そのような場合に有用なのが、リースバックという方法です。 リースバックとは、所有している不動産を賃貸物件として他の企業に貸し出し、同時に賃料収入として現金を受け取ることができる方法です。この方法により、不動産を所有することで得られる長期的な収益と、即時的な資金調達の両方を実現することができます。 さらに、リースバックのメリットは、既存の不動産を活用できる点にもあります。例えば、自社の不動産を活用することで、新規事業に資金を投入することができます。また、新規事業においても、不動産を購入する必要がないため、コスト削減ができます。 一方で、リースバックにはデメリットもあります。例えば、賃貸契約期間中は、不動産を売買することができず、また、同じ不動産について複数のリースバック契約を締結することはできません。さらに、リースバック契約により得られる現金は、将来の利益を犠牲にしなければならない場合があります。 しかし、起業家や中小企業にとって、リースバックは不動産の現金化として有用であることがわかります。資金調達に不安がある場合は、リースバックを選択することにより、資金を得ることができます。

    リースバックはどのような場合に適しているのか?

    リースバックとは、不動産オーナーが自社の物件を売却する代わりに、同じ物件を買い戻すという方法です。これにより、金銭面での流動性を確保し、さらに不動産資産を保有できるメリットがあります。そこで、リースバックはどのような場合に適しているのかを考えてみましょう。 まず、資金繰りの悪化や借入金返済のために不動産を売却しなければならない場合には、リースバックが有力な選択肢となります。不動産を売却すると、販売価格に応じた税金や手数料が発生します。また、売却した不動産を賃借する場合、将来的な移転費用や賃料交渉に伴うリスクもありますが、リースバックの場合には、一定期間の賃貸契約を結ぶことで、このような問題を回避できます。 また、企業経営におけるキャッシュフローの改善や資本コストの削減を考えた場合にも、リースバックは有効です。所有している不動産をリースバックにして、資金を確保することで、新しい事業計画の実行や継続的な投資が可能になります。 さらに、純資産価値を維持しながら、運転資金を増やすことができるという点も、リースバックの魅力の一つです。経営が円滑に進み、資金が必要になった場合に、不動産を売却することができず、リースバックが適している場合があります。 以上のように、リースバックは、資金調達や経営改善などに有効な手段として、さまざまな場面で利用されています。ただし、税務やリスクマネジメントなど専門知識が必要となるため、専門家への相談をおすすめします。

    リースバックの手続き方法と注意点

    リースバックとは、不動産オーナーが所持する自己所有の不動産を買い取って、その不動産をリースバックすることで、現金化や財務の改善を図ることができる方法です。 リースバックの手続きは、以下のような流れで進みます。まずは、リースバックする不動産の査定を行います。これにより、不動産の価格が把握できます。次に、買取価格が提示され、双方合意した場合、契約を締結して、不動産を譲渡します。譲渡後、賃貸契約を結び、リースバックがスタートします。 一方、リースバックの注意点としては、まずは買取価格の妥当性を確認することが重要です。不動産の価格が市場価格から大きく逸脱してしまうと、買取価格が安すぎる、あるいは高すぎるリースバックになります。また、リースバック契約には、賃借人として不動産を適切に管理する責任があります。特に、法的な問題は事前に確認し、十分に準備しておくことが必要です。 以上のような手続きと注意点を把握しておけば、リースバックは不動産オーナーにとって、現金化や財務改善の一つの手段として活用することができます。

    リースバックがもたらすリスクとは?

    リースバックとは、不動産オーナーが所有する物件を買い取り、その物件をリースバックすることでキャッシュフローを調整する手法のことです。 しかし、この方法にはいくつかのリスクが存在します。まず、リースバック契約が終了した場合、再び物件を手に入れるために高額な費用が必要になる可能性があります。また、賃料の支払い不履行が生じた場合も、物件を返却することができなくなるため、契約の内容を確認しなければなりません。 さらに、業者によっては収益が多くないため、物件を空室状態にし、修繕や改装などを確実に行わないことがあるため、物件の価値が低下する可能性があります。 リースバック契約を検討する場合は、事前に契約内容や取引業者をしっかりと調べ、リスクを十分に理解した上で契約することが重要です。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。