ホーパーズ株式会社

親子間での売買について知ろう!相続税負担の軽減方法とは?

お問い合わせはこちら

親子間での売買について知ろう!相続税負担の軽減方法とは?

親子間での売買について知ろう!相続税負担の軽減方法とは?

2023/05/21

親子間での売買は、相続税負担の軽減方法として注目されています。しかし、その方法を正確に理解している人は少ないかもしれません。本記事では、親子間での売買について詳しく解説し、相続税負担を軽減する方法をご紹介します。家族での不動産取引や贈与についても触れながら、相続税対策の基礎知識を身につけましょう。

目次

    相続税とは?誰が支払うの?

    相続税とは、先祖からの相続によって得られた不動産、預金、株式などの財産に課せられる税金です。相続税は、相続財産の価値に応じて課税されます。相続税の税率は、相続人と相続関係によって異なります。 相続税の支払い義務者は、相続人です。相続人とは、相続財産を受け継いだ人のことを指します。相続人には、配偶者や子供などの親族が含まれます。ただし、相続人が相続人以外の人に相続財産の一部を譲渡した場合は、譲渡先が相続税の支払い義務者になります。 不動産業界では、相続税が発生することが多々あります。不動産を相続した場合は、相続税の申告と納税が必要になります。そのため、相続税に関する知識が必要な場合もあります。不動産会社や不動産税理士を利用して、相続税についての正確な情報を得ることが重要です。

    親子間での土地や家屋の売買はできるの?

    親子間で土地や家屋の売買は原則として可能ですが、民法において近親相手の不当な利益を生じることを目的とすることはできないと規定されています。そのため、親から子に対して過度に高い価格で売却する、または子が親から強引に価格を引き下げるような取引は違法となります。また、相続税においても、相続人である親子間での贈与や売買を行う場合には、相続人間の贈与税、相続税が課税されることがあります。したがって、親子間での土地や家屋の売買を行う場合には、不動産売買契約を作成し、その内容が公正であることを確認する必要があります。また、その際には、弁護士や不動産鑑定士などの専門家に相談することをおすすめします。

    相続税負担を軽減する方法とは?

    相続人にとって、相続税は大きな負担となることがあります。特に、不動産を相続する場合はその価値が高く、相続税の額も大きく膨れ上がってしまうことがあります。そこで、相続税負担を軽減する方法を考える必要があります。 1つ目の方法は、相続資産を分割することです。兄弟姉妹などの相続人がいる場合、相続資産を全員で分割することで、相続税額が軽減されます。さらに、贈与税の控除も受けられる場合があるため、相続前に贈与することで、より相続税を軽減できる可能性があります。 2つ目の方法は、生前贈与を活用することです。相続人に対して、あらかじめ不動産を贈与することで、相続税負担を軽減することができます。ただし、適切な計画とアドバイザーの支援が必要であり、相続人も贈与者も財産管理上のリスクを十分に認識し、計画を進める必要があります。 3つ目の方法は、相続税の優遇制度を活用することです。たとえば、配偶者や子どもに相続させる場合は、別途控除があります。また、農地や林業などの特定資産には、軽減措置があります。これらの優遇制度を活用することで、相続税額を軽減することができます。 相続税は、個人や家族にとって大きな負担となることがあります。しかし、適切な計画とアドバイザーの支援を得ることで、相続税負担を軽減することができます。相続前に早めに対策を講じることが重要であり、不動産に特化したアドバイザーの存在も活用するべきでしょう。

    贈与による相続税の軽減方法とは?

    相続税は、相続人が相続した財産に対して課税される税金です。相続額が大きくなると、相続税額も増えてしまうため、事前に軽減する方法を考える必要があります。その一つの方法が、贈与による相続税の軽減です。 贈与とは、生前に財産を贈ることであり、相続人が受け取った財産は相続税の対象になります。しかし、相続税は相続人が相続した財産に課税されるため、贈与によって事前に相続人の財産に含まれないようにすることで、相続税を軽減することができます。 贈与には、贈与税という税金がかかる場合がありますが、贈与額が一定以下であれば非課税となり、相続税と比較して安く抑えることができます。また、贈与による軽減は、相続税の納税期限に余裕をもって行われることが必要であり、あらかじめ相続人と協議して、贈与の日程や贈与額などを決める必要があります。 一方で、贈与による軽減は、贈与した財産が相続人に支払われた後の管理や分配などにも問題が生じることがあります。そのため、贈与による軽減が必ずしも最適とは言えず、財産や相続人の状況に合わせて、相談役や専門家との相談が必要です。 不動産を所有している場合は、贈与額の算定や登記などに専門知識が必要となるため、不動産業者や税理士などの専門家に相談することが望ましいでしょう。

    親子間の売買における税務署のチェックポイントとは?

    不動産の売買において、親子間の売買はしばしば行われます。しかし、このような場合には、税務署からのチェックが入ることがあります。その理由は、親子間の取引であるため、相場よりも安い価格での売買が行われることがあるからです。税務署では、このような場合に適正な税金が納められているかどうかをチェックすることがあります。 具体的には、以下のような点がチェックポイントとなります。まず、価格が相場よりも安い場合には、贈与税が課されることがあります。また、贈与税は相続税と紐付いており、相続税の減税措置が適用されることがあるため、適正に申告されているかを確認します。 さらに、土地の所有期間や登記簿の記載内容に違いがある場合には、譲渡所得の計算をする上で問題が生じることがあります。このような場合には、適正な申告が行われているかどうかをチェックします。 最後に、親子間の折半や仲介手数料など、引っかかることがある曖昧な点についても、チェックが入ることがあります。このような親子間の売買においては、税務署からのチェックが厳しいことを念頭において、適正な申告を行うことが大切です。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。