ホーパーズ株式会社

競売の流れ: 不動産の強制売却手続き

お問い合わせはこちら

競売の流れ: 不動産の強制売却手続き

競売の流れ: 不動産の強制売却手続き

2024/05/13

競売は、所有者が負債を返済できない場合に、裁判所の命令によって不動産を売却する手続きです。以下は競売の基本的な流れです。

1. 債務不履行:
所有者が住宅ローンやその他の債務を返済できなくなり、債権者(貸し手)に対して支払いが滞った場合、債権者は競売の手続きを開始する権利を持ちます。

2. 債権者の申し立て:
債権者は、裁判所に競売手続きの申し立てを行います。裁判所は、申し立てを受理し、競売の日程を設定します。

3. 競売公告:
裁判所は競売の公告を行います。これにより、競売物件の情報が一般に公開され、競売参加者が競売に参加できるようになります。

4. 競売の開催:
設定された競売の日に、競売が開催されます。競売は入札形式で行われ、最高額の入札者が競売物件の落札者となります。

5. 競売物件の引き渡し:
競売によって落札された物件は、落札者に引き渡されます。引き渡しの手続きは、裁判所や競売管理者によって行われます。

6. 債務者の残債:
競売で得られた売却代金が、債務者の残債(住宅ローン残債など)の償還に充てられます。売却代金が残債を超える場合、残りの金額は債務者に返還されることがあります。

競売は債務者にとって非常に厳しい手続きであり、財産の喪失や信用情報への影響があることを理解しておく必要があります。競売手続きを回避し、解決策を模索するためにも、専門家の助言や適切な支援を受けることが重要です。

----------------------------------------------------------------------
ホーパーズ株式会社
東京都千代田区神田紺屋町28
ワタナベラックビル503
電話番号 : 03-5296-9877
FAX番号 : 044-767-3290


東京でリースバックの実績多数

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。