ホーパーズ株式会社

リースバックで生活再建!安心・確実な任意売却のススメ

お問い合わせはこちら

リースバックで生活再建!安心・確実な任意売却のススメ

リースバックで生活再建!安心・確実な任意売却のススメ

2023/11/08

不動産を所有している方にとって、生活やビジネスの再建には資金面でのサポートが必要です。そんな時に、リースバックや任意売却などの方法があります。ここでは、安心・確実に不動産を売却する方法として、任意売却をお勧めします。任意売却とは、借金の返済や生活資金を得るために自己所有の不動産を売却する方法です。相場価格より高値で買い取ってくれる場合もあるため、その後の生活再建に向けた資金を手に入れる考え方が浸透しています。リースバックに関する情報も織り交ぜながら、任意売却を考えている方に向けたアドバイスをお届けします。

目次

    リースバックとは?

    リースバックとは、不動産の所有者が所有する不動産を一定期間使用しつつ、同時に買い取ってくれる会社に売却することを指します。つまり、不動産を所有しながら現金調達が可能になる方法です。利用目的としては、現金調達や購入時の融資を受けることができます。この方法では、オフィスや店舗のオーナーは、不動産を自己資金で保有する必要がなくなり、現金を調達できるため、事業資金として利用することができます。没収権の取得に関するリスクを回避しながら、不動産を長期的に貸し出すことで、安定したキャッシュフローを確保することができます。しかし、買取価格は市場価格よりも低くなるため、注意が必要です。リースバックは、事業の拡大やオーナーが始めたい他のビジネスに投資するための手段としても利用されます。

    任意売却のメリットとは?

    不動産を所有する際には、様々な問題が発生することがあります。その中でも、重要な問題の一つが物件を売却することです。しかし、任意売却には多数のメリットがあります。 1つ目のメリットは、売却価格の自由度が高いことです。任意売却では、売却価格の目安を自分で決めることができます。これにより、早期に売却することができるため、手元資金をすぐに使える点が魅力的です。 2つ目のメリットは、事務手続きの簡便さです。任意売却では、法的手続きが簡単であるため、負担を軽減することができます。 3つ目のメリットは、費用面の削減が可能であることです。任意売却では、不動産会社を介さないため、手数料などの費用を削減することができます。これによって必要以上に経費がかさんでしまうことを避けることができます。 これらのメリットにより、任意売却は不動産所有者の負担を軽減し、スムーズな売却を可能にしています。ただし、売却前には、不動産市場の現状などを調べておくことが重要です。

    リースバックと任意売却の違いとは?

    不動産を売却する場合には、リースバックと任意売却の2つの方法があります。リースバックとは、不動産を自社で所有しながら、その不動産を貸し出すことで現金を調達する方法です。つまり、不動産を売却したような形に見えますが、実際には所有者が同じままであることが特徴です。一方、任意売却とは、不動産を直接売却することで現金を調達する方法です。リースバックと比較すると、任意売却の方が現金調達の速度が早くなりますが、不動産の将来的な売却益を失ってしまう危険性があります。そのため、どちらの方法が適切かは、企業の資金繰りや経営戦略に合わせて選択する必要があります。

    リースバックで得られる利点とは?

    リースバックとは、不動産オーナーが所有する不動産資産を、賃貸契約を結ぶことで、金銭的な利益を得ることができる方法です。リースバックを行うことによって得られる利点は以下の通りです。 1. 資金調達が容易になる 不動産オーナーが所有する不動産資産をリースバックすることによって、不動産に融資を受けることで資金を調達することができます。また、貸手に融資を行うことができるため、場合によっては低金利での融資が可能となることがあります。 2. 柔軟な利用が可能 リースバック契約を結ぶことによって、不動産オーナーは賃貸契約として不動産を利用することができます。このため、利用目的に合わせた形で活用することができ、多様なビジネス用途や資金調達の場として使われることがあります。 3. 資産管理の負担が軽減 不動産オーナーがリースバック契約を結ぶことによって、不動産の管理にかかる負担が軽減されます。賃貸契約の管理やメンテナンスについては、利用者に委託することで、管理者としての負担を軽減することができます。 以上の利点から、多くの企業や不動産オーナーがリースバック契約を活用して、不動産資産を有効活用しています。

    任意売却の手続きとポイントとは?

    不動産を所有している場合、任意売却をすることで現金化することができます。任意売却とは、売却価格が不動産の抵当権や他の債務を超えた場合に、余剰分を現金で受け取ることができる売却方法のことです。 任意売却を行うには、まずは専門家に相談しましょう。不動産の市場価値や、任意売却によって得られる見込みの金額などを正確に判断するために、不動産の専門家や弁護士などのアドバイスが必要です。また、任意売却を行う前に、不動産の抵当権や債務抵当権がある場合は、事前に抵当権者に連絡する必要があります。 任意売却を行う場合は、物件の調査や引き渡し手続き、契約書関連の業務など、様々な手続きを行う必要があります。これらの手続きは複雑かつ時間がかかるため、不動産業者や弁護士のサポートを受けることが望ましいです。 任意売却の最大のポイントは、思わぬ借金返済や急な出費の際に、不動産を現金化することができる点です。ただし、任意売却には様々な手続きが必要であるため、プロのアドバイスを受けることで安心して任意売却を進めることができます。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。