ホーパーズ株式会社

東京で親子間の売買物件に注目!不動産業界の最新トピックス

お問い合わせはこちら

東京で親子間の売買物件に注目!不動産業界の最新トピックス

東京で親子間の売買物件に注目!不動産業界の最新トピックス

2023/10/24

不動産業界において、近年注目されているのが、東京で親子間の売買物件です。このトピックスは、親から子や子から親への資産承継や住宅をめぐるニーズの高まりにより、増加傾向にあります。今回は、この最新トピックスについて詳しくご説明します。

目次

    東京での親子間売買物件が増加中

    近年、東京での親子間売買物件が増加しているという。これは、かつては一人暮らしや新婚夫婦向けに建てられていたマンションが、子育て世代にとっても居住しやすい環境に整備され、価格も比較的手ごろであることが背景にあると考えられる。また、親が子供に買い与えたり、逆に子供が親に譲り受けたりすることで、相続税などの問題も回避できる利点がある。 一方、親や子供が居住していた場合、将来的な生活を見据えた計画や、相続に関するトラブルが起こる可能性もあるため、法律的にも注意が必要である。特に、事前に不動産会社や弁護士に相談し、正確な情報を得てから取引を進めることが重要といえる。 このように、東京を中心に親子間での売買物件が増えているが、注意しなければならない点もある。今後もこの傾向が続くかどうか、市場の動向に注目が集まる。

    不動産業界で注目を集める親子間取引のメリットとは

    不動産業界で近年注目を集めるようになったのが、親子間取引です。親が所有する不動産を子供が相続する形で取引が進められます。この取引にはいくつかのメリットがあることが知られています。 まず、不動産のバブル崩壊後、多くの家庭には相続税の負担を減らすため、不動産を売却する必要があるケースがあります。しかし、親子間取引であれば、相続税を抑えることができます。また、親から子へ不動産を譲ることにより、子供側も将来的に不動産を保有することができるため、将来的な節税効果も期待できます。 その他にも、親子間取引であれば仲介手数料が割引されることがあります。これは、親子間であれば移転税がかからないことが理由です。加えて、不動産の所有者が変わらないため、登記や手続きが簡単になるというメリットもあります。 以上のように、親子間取引は相続税の負担を減らすことができ、移転費用も削減できるため、注目されています。不動産取引を行う上で、親子で相談しながら進めることで、お互いにとってスムーズな取引ができるでしょう。

    親子間の不動産売買における留意点とトラブル回避のポイント

    不動産取引において親子間での売買はよく行われますが、その際にはいくつかの留意点があります。まず、売買価格が相場よりも高額であった場合、贈与税の対象となってしまう可能性があります。そのため、相続税や贈与税に詳しい税理士に相談し、適切な手続きを行うことが大切です。また、契約書の作成や登記の手続きについても、必ず専門家に相談しましょう。親子間の取引であっても、不動産取引は高額な取引ですので、トラブルを回避するためにも専門家のアドバイスを受けることが必要です。そのため、不動産業者や弁護士、司法書士などに相談することをおすすめします。親子関係があるために、言いにくいことや遠慮し合うこともあるかもしれませんが、しっかりと売買について話し合い、納得のいく取引を行うようにしましょう。

    親の住宅購入支援・相続対策に親子間の売買物件が有効な理由

    親の住宅購入には多くの費用がかかります。しかし、親子間での売買物件があれば、支援が受けられる可能性があります。それは、相続が発生した場合、売却や贈与により相続税を回避できるためです。また、親が住んでいる物件を後継者に譲渡する際には、贈与税が発生しますが、所有権移転の形で行えば、相続税も贈与税もかからなくなります。このように、親子間での売買物件は、住宅購入支援や相続対策に役立つことがあります。ただし、専門家のアドバイスを受けながら、しっかりと計画的に進めることが大切です。

    今後も拡大が予測される親子間売買物件市場の動向と見通し

    最近では、親子間での不動産の売買が活発化しています。一方で、親から子への贈与を前提とした取引も増えています。子どもたちは、将来的に自分たちや子供たちが住むための住宅を、親から安価で譲ってもらうことができます。また、親は子どもに貢献できることで、経済的な負担を軽減することができます。このような背景から、親子間売買物件市場は今後も拡大が予測されています。 令和元年の相続法の改正により、相続税の非課税枠が拡大したことも親子間での不動産取引を後押ししています。これにより、親が子どもに不動産を譲るために相続税の負担が軽減され、不動産を引き継ぐ子どもたちも相続税に悩まされることなく、不動産を維持することができるようになりました。 さらに、金融機関による住宅ローンの低金利に加え、住宅市場の拡大が高まっていることで、親子間での不動産取引を行うことが容易になってきています。このような環境下で、今後も親子間売買物件市場は発展していくことが予想されます。しかし、不動産取引にはトラブルも起こりうるため、専門家のアドバイスを仰ぐことが重要です。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。