ホーパーズ株式会社

東京の相続における相続放棄について知っておくべきこと

お問い合わせはこちら

東京の相続における相続放棄について知っておくべきこと

東京の相続における相続放棄について知っておくべきこと

2023/10/08

相続とは、亡くなった人の遺産を相続することを指します。しかし、相続には負債や税金といった問題が含まれる場合もあります。そんなとき、相続放棄という選択肢が考えられます。本稿では、東京における相続放棄について知っておくべきことを解説します。

目次

    相続放棄とは?

    相続放棄は、相続人が亡くなった遺産に対し、自身がその相続人であると考えられるときに、その相続を放棄することを指します。具体的には、相続人に法的な責任が課せられる場合や、相続財産が多額の債務を抱えている場合に、相続放棄を選ぶことが多いです。 不動産の相続においても、相続人がその不動産を放棄することがあります。これは、不動産の評価額が高く、相続税が高額になることが想定される場合がほとんどです。相続人が相続放棄をすることで、相続税を回避することができるため、一定の知識を持った方であれば、相続放棄を検討することもあるでしょう。 ただし、相続放棄を行う場合には、手続きが必要になります。相続人であることを証明する書類が必要であり、 また、相続人が複数いる場合には、全員が相続放棄の意思を示さなければならないことにも注意が必要です。相続放棄については、一人で行うことができない場合もありますので、専門家への相談も必要となる場合があります。

    相続放棄の手続きに必要なもの

    相続放棄する場合、土地や不動産といった財産を放棄する手続きを行う必要があります。手続きに必要なものは、相続人が本人であることを証明する身分証明書や相続人との親族関係を証明する戸籍謄本などの個人情報や権利要件を満たしていることがわかる法的文書です。また、財産評価額が100万円を超える場合には、相続税申告書を提出することが必要となります。相続放棄の手続きは法律的手続きが必要であり、プロのサポートを受けることが望ましい場合があります。不動産の相続放棄に関しては、地方自治体によって手数料に差があるため、事前に調査しておくことが重要です。

    相続放棄の期限はいつまで?

    相続放棄とは、亡くなった人の財産を相続する際に、その権利を放棄することを言います。相続放棄をすることで、遺産相続に伴う責任や負担を回避することができます。相続放棄の期限は、相続人に対し、亡くなった人から死亡届が届いた日から3ヶ月以内とされています。 期限を過ぎると、相続人は相続を承認したものとみなされ、遺産相続に伴う債務や責任を負うこととなります。不動産を相続する場合、相続放棄をすることが望ましい場合もあります。相続放棄には、相続人同士が協議して決める場合や、司法書士や弁護士に相談する場合などがあります。不動産相続において、相続放棄を検討する場合には、期限内に手続きを行うことが重要です。

    相続放棄をしなかった場合のリスクとは?

    相続放棄をしなかった場合、不動産を含むすべての財産を相続することになります。しかし、相続財産は債務も含まれるため、債務超過の場合は相続人自身が残債を負わなければなりません。また、税金にも注意が必要です。相続税や固定資産税、所得税などの税金がかかる可能性があります。さらに、相続人が複数いる場合は共有名義人となり、相続人間での意見の食い違いやトラブルが生じることもあります。相続財産の管理や売却に関して、全員が同意しなければ進まないことがあります。そのため、相続放棄をすることで自己責任を回避することができます。ただし、相続放棄には制限があり、相続人全員が放棄しなければならないことや、ある程度の手続きが必要となることがあるため、必ず専門家のアドバイスを仰ぎ、正確な情報を得るようにしましょう。

    相続放棄をする際に注意すべきポイント

    相続放棄をする際には、以下のポイントに注意する必要があります。 まずは相続人として登録されているかどうかを確認することが大切です。また、相続放棄の期限や手続き方法も確認しておく必要があります。 不動産を含む相続財産を放棄する場合、不動産の所有権移転登記も必要となります。登記手続きは時間と費用がかかるため、事前に行う準備が必要です。 放棄によって問題が発生しないかどうかも必ず確認しましょう。たとえば、相続人に借金がある場合に、放棄することで債権者からの追及を避けることもできますが、負債を抱える相続人からの相続放棄は、相続人が負債を整理する責任から逃れるために行われる可能性があるため、法的に問題が生じる可能性があります。 不動産関連では、建物や土地にかかる税金や公共料金の問題が発生することもあるため、放棄前に確認しておくことが重要です。 以上、相続放棄をする際には、事前に確認しておかなければならないポイントがたくさんあることが分かります。信頼できる専門家に相談し、スムーズかつ正確な手続きを行うことが大切です。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。