ホーパーズ株式会社

不動産売却後も安心!東京のリースバックサービスを徹底解説

お問い合わせはこちら

不動産売却後も安心!東京のリースバックサービスを徹底解説

不動産売却後も安心!東京のリースバックサービスを徹底解説

2023/10/08

不動産を売却した後でも収益を得たいと考えている方必見!東京で提供されているリースバックサービスについて、詳しく解説します。不動産を所有しながら、賃貸料金によって安定した受益を得ることができるリースバックサービスは、物件の管理や維持のための手間やコストが不要で、手軽な収益形態として注目されています。是非、この機会にリースバックサービスのメリットやデメリットを知り、不動産の高収益化について考えてみましょう!

目次

    リースバックとは何か?

    不動産の用語であるリースバックとは、物件所有者が自社の不動産を買い戻す形式の賃貸契約のことを指します。具体的には、企業が所有する土地や建物を不動産業者に売却し、同時にその物件を長期賃貸する契約を結ぶことで、資金調達と経営負担の軽減を図ることができます。 リースバックを選択するメリットとしては、まず不動産の所有者である企業が即金化が可能であることが挙げられます。また、不動産売却に伴う手続きや費用が削減できることもメリットの一つです。さらに、土地・建物のメンテナンスや管理費用が業者に移譲されるため、事業の経営上の負担軽減や財務上の余裕の確保が見込めます。 ただし、リースバックにはデメリットも存在します。例えば、ロングリース契約となることが多く、不動産賃料が高くなることがあります。また、一度リースバックを結んでしまうと、物件の再買い戻しの費用が高額になる場合があるため、投資としてのリスクも考慮する必要があります。

    東京でのリースバックの仕組み

    リースバックとは、不動産のオーナーが持つ物件を再度リース契約を締結し、その賃貸料金を元に現金を受け取ることができる仕組みです。東京でも、このリースバックの仕組みが数多くあるため、不動産オーナーにとって有益な取引ができます。 東京でのリースバックは、主に商業不動産において行われています。例えば、大手スーパーマーケットや大手飲食チェーン店舗の経営者が物件を所有している場合、リースバックを利用することで現金を手にすることができます。また、ホテルやオフィスビル、駐車場などもリースバックの対象となることがあります。 なお、リースバック契約では、物件所有者が賃貸契約の期間中に不動産を売却することができないよう制限することが多いです。その代わり、長期に渡って現金の供給を受け取ることができ、安定した収益を得ることができます。 東京では、不動産投資家が所有する物件が多いため、市場においてリースバック契約がきちんと成立しやすい環境が整っています。不動産を所有する方は、リースバック契約が自分にとって有益な取引方法であるかどうか、専門家に相談することをおすすめします。

    不動産売却後もリースバックで収益を得る方法

    不動産を売却した後でも、リースバックという方法を利用することで収益を得ることができます。リースバックとは、不動産を売却した後に、同じ不動産を買い手にリースすることで、不動産オーナーとしての収益を得る手法です。この方法は、資金調達や財務改善のためにも利用されています。たとえば、資金繰りに困っている企業が不動産を売却し、リースバックで自社が使う場所として利用することがあります。この方法で得られた資金を事業拡大などに活用し、収益を上げることができます。また、レストランや店舗など、不動産売却で現金を手にしたいが、自社での運営を続けたいケースにも利用されています。リースバックは、不動産オーナーにとって将来的にも安定的な収益を得ることができる方法の1つといえます。

    東京のリースバック会社の選び方

    東京には数多くのリースバック会社がありますが、どの会社を選ぶべきか迷われる方も多いでしょう。そこで、選び方のポイントをご紹介します。 まずは、会社の歴史や実績を調べましょう。長年にわたって不動産に携わってきた経験と実績がある会社を選ぶことで、信頼性や安心感が得られます。 また、口コミや評判をチェックするのも重要です。過去に取引を行った人の声を確認することで、その会社の対応や実績についてより具体的な情報を得ることができます。 そして、料金や手数料についても比較検討することが大切です。同じ条件であっても、会社によって大きく異なる場合がありますので、よく調べて判断しましょう。 最後に、自分のニーズに合った会社を選ぶことがポイントです。リースバック会社によって、得意分野や取扱う不動産の種類に特徴がありますので、自分が所有している不動産と会社の特長をマッチングさせることが大切です。 以上のように、リースバック会社を選ぶポイントは様々です。しっかりと比較検討して、自分にとって最適な会社を選ぶことが重要です。

    リースバックによるメリットとデメリット

    不動産業界において、リースバックとは、不動産オーナーが所有する物件を、あらかじめ長期契約したテナントに貸し、その家賃収入を受け取ることができる取引方法のことを言います。 リースバックには、いくつかのメリットがあります。まずは、建物の所有者が長期にわたって家賃を保証することで、オーナーが必要とする資金調達が可能になるという点です。また、個人投資家にとっては、一般的な不動産投資と比較してリスクが低く、回収期間が短いことが利点となっています。 一方で、デメリットとしては、テナントが突然家賃を払えなくなった場合には収入が途絶えることがあります。また、長期契約のため、将来的な家賃相場の上昇や建物の老朽化などを考慮した場合、リースバックが不利になることもあります。 そのため、リースバックは投資家にとって一概に良し悪しとは言えず、その都度メリット・デメリットを慎重に考慮し、自分にとって最適な投資方法を選択する必要があります。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。