ホーパーズ株式会社

【必見】東京の不動産オーナー必須!リースバックと買取り保証とは?

お問い合わせはこちら

【必見】東京の不動産オーナー必須!リースバックと買取り保証とは?

【必見】東京の不動産オーナー必須!リースバックと買取り保証とは?

2023/08/31

東京で不動産を所有するオーナーの皆さまにお知らせです。今回は、リースバックと買取り保証という、不動産オーナーにとって必須の情報をお届けします。これらのサービスは、不動産の売却や物件の入居者が減った場合でも、急な資金調達に役立ちます。今後の不動産投資に向けて、ぜひ参考にしてください。

目次

    リースバックとは?

    リースバックとは不動産業界においてよく使用される言葉の一つです。不動産を所有する企業が、その不動産をリースバック先として第三者に貸し出し、その資金を得ることを指します。つまり、不動産を所有する企業が、その不動産を自社で使用しながら同時に資金調達することができるのです。 そのリースバック先となる第三者にとっては、購入する際の資金をすべて用意する必要がなく、リースバックすることでコスト削減ができるメリットがあります。また、リースバック先となる企業は、土地や建物の所有権を保持しながら、現在必要な資金を得ることができるので、経営資金の調達に繋がります。さらに、不動産の維持管理や税金、保険などの責任を負う必要がないため、リースバックを積極的に活用する企業が増えています。 しかし、リースバックする場合には、どの程度の金額でリースするかや、リース期間、リースバック先となる第三者は信頼ができるのかなど、慎重に検討する必要があります。リースバックする際には、専門家のアドバイスを仰ぎながら、安定的な経営を維持しつつ、企業価値を高めるため、戦略的に取り組むことが大切です。

    買取り保証とは?

    不動産を売却する際に、買取り保証制度を利用すると、自分が設定した価格以下で買い手がつかなかった場合に、業者がその価格で買い取ることを約束する制度です。買取り保証制度は、売主にとっては安心感があり、急な転居や急ぎの資金調達の場合にも役立ちます。しかし、この制度を利用する場合には、売却価格は市場価格よりも低く設定されることが多く、ある程度の損失を出すことになります。また、買取り保証制度を設けている業者も、自社が利益を出せるように買い取り価格を設定するため、市場価格よりも低い買取り価格を提示することがあります。売主と業者の立場が異なるため、このような価格設定には注意が必要です。買い手がつかなかった場合に、その価格で買い取ってくれる買取り保証制度は、大変ありがたいものであると同時に、その利用には慎重さが求められます。

    どちらがお得?

    不動産取引には、物件の価格に加えて様々な費用がかかる。例えば、仲介手数料、印紙税、登記費用などである。注文住宅を購入する場合、建築費用も設計や敷地の条件などによって大きく変動する。このように、不動産取引におけるお得さは、単に資金の節約だけでなく、それぞれの事情に合った適切な物件を選ぶことにも関わっている。 例えば、マンションを購入する場合、築年数や維持管理状況、立地条件などによって価格が大きく変動する。一方、中古住宅を購入する場合、改築費用などがかかるが、住宅ローン控除などの税制優遇も受けられることがある。また、不動産投資を行う場合、年利率や利回りを比較することが重要である。 いずれの場合も、単純に価格が安いことがお得とは限らない。それぞれの事情に合う物件を選び、適切な取引条件を設定することが、不動産取引におけるお得さのポイントと言える。

    東京の不動産オーナー必見

    東京は世界的に注目を集める都市であり、その人気度は現在でも衰えることがありません。そのため、不動産オーナーとしての投資には非常に魅力的な条件がそろっています。 東京の不動産市場は多種多様な物件が存在し、中でも目が離せないのがマンション投資です。都心部であれば、一戸建て物件よりも高い家賃収入を期待できます。また、交通アクセスも便利であることから、比較的空室率が低く長期にわたって安定した賃貸収入が期待できます。 ただし、一方で物件価格が高騰傾向にあることも事実であり、購入時にはある程度の資金力が必要となります。そして、物件を購入しただけでは十分な運用とはなりません。物件管理や修繕、トラブル処理などにも責任を持たなければなりません。そのため、業者との契約を検討することも必要かもしれません。 東京の不動産投資は、将来的にも需要が多数予想される高収益な投資の一つです。しかし、投資はリスクにも伴います。不動産オーナーとしての新たなスタートには、十分な下調べと準備が必要です。

    後悔しない売却の方法

    不動産を売却する際に後悔しない方法は、しっかりとした準備を行うことです。まずは相場価格を調べ、自分の物件の価値を正確に把握しましょう。次に、不動産会社や不動産鑑定士に査定を依頼し、物件の状態や立地条件、周辺環境などを確認します。また、物件を売却するためには必要な手続きや書類がありますので、事前に確認しておくことも大切です。 売却価格が決まったら、買い手を探すために広告を出すことも考えましょう。ただし、万が一のことを考えて、買い手からの申し込みを受け付ける前に、売却時の条件や自分が必要とする資金などを明確にしておくことが重要です。買い手と交渉する際には、不動産会社や弁護士など専門家のアドバイスを仰ぐこともオススメです。 最後に、売却時の税金や手数料、諸費用などについても、事前にしっかりと調べておくことが大切です。特に、所有期間が短い物件や相続税の対象となる場合などは、税金に関する問題に注意しましょう。 まとめると、不動産を売却する際には、相場価格や物件の状態をしっかりと把握し、適切なアドバイスを受けながら買い手との交渉を進めることが大切です。また、費用や税金に関する問題も事前に調べ、後悔しない売却を実現しましょう。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。