ホーパーズ株式会社

なぜ東京の不動産物件に紛争が多いのか?弁護士が解説

お問い合わせはこちら

なぜ東京の不動産物件に紛争が多いのか?弁護士が解説

なぜ東京の不動産物件に紛争が多いのか?弁護士が解説

2023/08/31

東京都内の不動産物件には、契約トラブルや隣人トラブルといった紛争が頻繁に起こっています。このような紛争に巻き込まれることは、賃貸者や所有者にとっては大きなストレスとなり、解決には時間と労力が必要です。そこで、現役弁護士がなぜ東京の不動産物件に紛争が多いのかについて解説します。

目次

    東京の不動産物件が紛争の温床になっている理由

    東京の不動産市場は、日本全国でも最も発展していることでも知られています。しかし、最近では物件の購入やレンタルに関する紛争が頻発しており、問題が表面化しています。不動産取引においては、売却者または賃貸人と買い手または借家人の双方が契約に準拠して行動することが重要ですが、悪質な業者や不動産投資家も存在するため、トラブルが生じることがあります。特に、専門的な知識が必要な土地や建物の所有権・使用権を巡る問題では、法律や契約条件を理解しない人々が、高額な紛争費用をかけて対立することもあります。また、立地条件のよい物件は競合が激しく、最低入札額を上回る金額で取引されることが多々あり、競争が激化することで一時的な値上がりも見られます。このような状況下で、不動産業界は業法改正により倫理観を徹底することが求められます。

    公式見積もり制度がもたらす影響とは?

    不動産業界において、公式見積もり制度が導入されることで、顧客との信頼関係が強化されます。公式見積もり制度とは、具体的には、建物の査定を実施し、その結果を文書化する仕組みです。このようにして査定された物件の価格は、高くも安くもならず、適正な価値として市場に認められるものとなります。これによって、顧客が不動産会社を選ぶ際に、信頼性の高い業者を選びやすくなります。また、公式見積もり制度によって不動産会社側も、業界のルールに則って適正な査定を行わなければならなくなります。そのため、業界全体の健全化にもつながると言えます。公式見積もり制度の導入によって、顧客と不動産会社の信頼関係が強化され、正しい査定が行われることで業界全体が発展することが期待できます。

    大家と借主、双方の契約書に潜むトラブルの発生源

    不動産業界における大家と借主の契約書にはさまざまなトラブルの発生源が潜んでいます。例えば、大家側が定めた賃料や管理費が借主にとって高額過ぎた場合、借主側からの支払拒否や支払遅滞などが起こり、支払いトラブルが生じることがあります。また、契約書に記載された条項が曖昧だったり、大家側が契約違反をするなどして、借主側に不利益が生じることもあります。これらのトラブルが発生すると、大家と借主の関係が悪化し、最悪の場合は法的紛争に発展する可能性もあります。そうならないためにも、契約書作成時には両者の適切な意思疎通が必要であり、その上で細心の注意を払って契約書を作成することが重要です。

    東京でよく起こる隣人トラブルと解決法

    東京での住宅事情の中でよく起こるのが、隣人とのトラブルです。例えば、騒音問題やゴミの問題などが挙げられます。しかしながら、これらの問題はちゃんとした解決法があります。 まず、騒音問題についてですが、まずは直接話し合いをすることから始めましょう。もしかすると、あなた自身が騒音を出していることに気付かないこともあるかもしれないので、お互いの理解を深めることが大切です。また、適切な時間帯での騒音を避けるという努力も必要です。 また、ゴミの問題は自治体が定めたルールを守ることが大切です。もしも隣人がルール違反をしている場合は、まずはそのことについて直接話し合いをすることが重要です。もしも解決できない場合は、管理会社や自治体に相談することもできます。 以上のように、隣人トラブルについては、お互いに話し合いをすることが大切です。また、トラブルをいかに早く対処するかが重要です。不動産購入の際には、近隣環境やルールについても十分に確認することが、トラブルを未然に防ぐためにも必要です。

    物件の管理費用や修繕積立金、トラブルにならないための注意点

    不動産を所有する際に、物件の管理費用や修繕積立金の支払いは避けては通れません。この費用を適切に管理し、トラブルを回避するために注意が必要です。管理費用は管理会社に支払い、日々の管理や共用設備の維持・修繕、清掃などに使用されます。修繕積立金は将来の修繕費用を積み立てるもので、積立金が不足すると、重大な修繕が必要になります。また、入居者によるトラブルも避けるために、契約書に明確に細かい条件を書き込んでおくことが必要です。特に、騒音やゴミの分別に関するルールは徹底することが大切です。また、管理会社とのコミュニケーションも欠かせません。定期的な訪問や質問には的確な回答をしてくれる信頼できる管理会社を選び、適切な管理を行いましょう。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。