ホーパーズ株式会社

これだけでわかる!任意売却のメリット・デメリット

お問い合わせはこちら

これだけでわかる!任意売却のメリット・デメリット

これだけでわかる!任意売却のメリット・デメリット

2023/08/05

不動産を売却する際、任意売却という方法があります。任意売却は、専門の業者や不動産会社を通さずに直接売買契約を行う方法で、手続きが簡単で早く売却できることがメリットです。しかし、高値で売却することができない場合や、詐欺にあうリスクがあることがデメリットとして挙げられます。今回は、任意売却のメリット・デメリットについて詳しく解説します。

目次

    任意売却とは

    不動産業界において、任意売却とは、所有している不動産を自由に売却できる手段のひとつです。この方法は、不動産を売りたいが、法的手続きや費用を負担したくない場合に最適なものです。任意売却は契約書を作成し、登記簿の変更手続きを行うことで、売り手が希望する価格で不動産を売却することができます。この方法は、市場価格よりも高めに売ることができるかもしれませんが、売り手に責任があります。そして、適切なマーケティング戦略や、専門家のアドバイスを受けることも重要です。任意売却は、所有者が不動産の価格を決定し、誰と取引するかを決定する自治的な方法であるため、他の売却方法よりも選択肢の幅を広げることができます。ただし、法律的な手続きを行うためには、不動産鑑定士、宅地建物取引主任者、弁護士など、専門家の協力が必要です。

    任意売却のメリット

    不動産売却には、一般的に仲介手数料がかかるため、任意売却を選択する人が増えています。任意売却とは、不動産会社を通さず直接買い手と売り手が取引をすることです。それでは、任意売却にはどのようなメリットがあるのでしょうか? まず、任意売却は仲介手数料が不要となるため、売り手側の負担が軽減されます。また、売り手と買い手が直接取引するため、交渉がスムーズに進むことが期待できます。仲介会社が介在する場合には、情報が中間者によって伝えられるため、情報伝達のミスマッチが起こり得ますが、直接取引することで情報源から正確な情報を入手できます。 さらに、任意売却にはスピード感があります。仲介会社の場合は、買い手側の審査や売買契約書の作成などに時間がかかることがありますが、任意売却の場合には、売り手と買い手との直接交渉によってスピーディーに売買が進むことが期待できます。 しかしながら、任意売却にはリスクも存在します。物件価格が過大評価され、売買契約後に問題が発生した場合、責任を負う機関がないため、トラブルが発生する可能性があります。このため、任意売却を行う際にはリスクを事前に理解した上で、慎重に取引を進めることが大切です。

    任意売却のデメリット

    不動産を任意売却する場合、デメリットがいくつかあります。一つ目は、売却価格が低くなるリスクがあることです。任意売却には、弁護士や司法書士の手数料、債務整理の費用などがかかります。これらの費用を計算し、債権者に提供する返済金額よりも高い価格を割り当てる必要があります。したがって、売却価格が十分に高くない場合、債務整理の実施後も債務残高が残ってしまう可能性があります。 二つ目は、任意売却によるクレジットスコアの低下リスクです。債務整理を行うと、クレジットスコアが低下する可能性があります。任意売却も同様で、クレジットスコアが低下することがあります。これは、クレジットスコアが低下するため、将来的に新たなローンやクレジットカードを取得することが難しくなる可能性があります。 三つ目は、任意売却による不動産の損失リスクです。任意売却を行うと、不動産の対価として受け取ることができる価格が市場価格よりも低くなる場合があります。このため、不動産を売却することによって、損失が生じることがあります。 以上のように、任意売却にはいくつかのデメリットがあります。事前によく考え、利用する場合はデメリットを把握しておくことが大切です。

    任意売却と競売の違い

    不動産を売却するときには、任意売却と競売があります。それぞれに違いがあります。 任意売却とは、所有者が自らの意志で不動産を売却するもので、任意売却契約と呼ばれる書類が必要となります。不動産会社や不動産売買仲介会社などを通じて売却が行われることが一般的です。売主が高く売りたい場合には、任意売却を選ぶことが多いです。 競売とは、裁判所が手続きを行い、最も高額な入札者に売却するものです。競売は、所有権移転登記を行うことができる点が任意売却と異なる点です。また、競売にかかる物件には、競売開始前の期間に限り、買い手による内覧が可能です。競売は、債務者の強制的な売却が行われることが多いです。 したがって、任意売却は、売主が自らの意志で売却する場合に選ばれることが多く、競売は、債務者の強制的な売却が行われる場合に選ばれます。不動産を売却する場合は、目的に応じて、任意売却と競売のどちらを選ぶか、慎重に判断することが重要です。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。