ホーパーズ株式会社

豊富な実績に基づく親子間売買の手順とポイント

お問い合わせはこちら

豊富な実績に基づく親子間売買の手順とポイント

豊富な実績に基づく親子間売買の手順とポイント

2023/06/18

不動産を購入する際、親子間での売買が増えています。親から子への贈与や相続など、さまざまな理由があるためです。親族間の売買では、税金面や手続きなどが複雑ですが、豊富な実績に基づく手順やポイントがあります。今回は、親子間売買の手順とポイントについて解説します。

目次

    親子間売買とは

    親子間売買とは、家族内で不動産の売買を行うことを指します。例えば、親が所有する不動産を子が購入する場合や、子が所有する不動産を親が購入する場合などが該当します。 親子間売買の利点としては、信頼関係がある家族同士であるために、一般的な不動産の売買に比べてスムーズに進めることができる点が挙げられます。また、相続税の負担を軽減することができる場合もあります。 一方で、親子間売買にはリスクも存在します。例えば、市場価値よりも偏った価格での売買が行われる可能性がある点や、税務署による課税対象として見なされる場合がある点が挙げられます。このような問題を避けるためには、専門家のアドバイスを受けることが求められます。 親子間売買は、家族を信頼しているという点から安心感がありますが、売買の際には、専門家との相談や契約書の作成など、適切な手続きを行うことが重要です。

    親子間売買における手順

    不動産の親子間売買には、一般的な売買とは違った手順があります。まず、親が所有する不動産を子に譲渡する際には、相続税の問題があります。相続税の軽減策として、贈与という手続きを取ることができます。この場合、譲渡に関する手数料はかかりませんが、譲渡財産を含めた子の財産総額が相続税の非課税枠を超えた場合は、相続税がかかることがあります。 また、親子間売買の場合でも、契約は必要です。不動産会社を利用する場合は、売却の相場や手続きについてのアドバイスを受けることができます。しかし、親子間売買では、契約に親族としての信頼関係が築かれていることも多いため、丁寧かつ正式な契約内容が必要となります。 そのため、契約書には、売買条件や物件の明細、売主と買主の個人情報などを詳しく記載しておく必要があります。また、署名捺印の手順なども確認しておくことが望ましいでしょう。 親子間売買では、あくまで家族としての関係を大切にしながら、円滑なやりとりをすることが重要です。そして、まずは土地や建物の価格の検討、譲渡の方法の決定が必要になります。不動産会社を利用する場合は、親子間売買に特化した会社も存在しますので、利用すると良いでしょう。

    自己資金での購入時の融資規制

    不動産業において、自己資金での購入時においても融資規制が存在します。融資規制とは、金融機関が融資を行う際において、法律や規定に従って融資額を制限することを指します。不動産においては、一定額以上の融資を受けた場合、金融機関による融資規制により追加の融資を受けることができなくなる場合があります。一方、自己資金で購入を行った場合でも、適用される可能性があります。例えば、住宅ローンを利用していなくても、借入額が一定額以上に達すると、融資規制が働く場合があります。このような融資規制が影響を及ぼす場合があるため、銀行や金融機関の規定を確認することが重要です。自己資金での購入時でも、融資規制に違反した場合、手数料や制裁金などの負担が発生することもあります。厳しい規制のもと、適切な資金計画を立てることが不動産取引においては重要になります。

    税金や登記手続きについてのポイント

    不動産投資において、税金や登記手続きは非常に重要です。まず、不動産の所有者は、所得税や固定資産税などの税金を支払わなければなりません。所得税については、家賃収入から経費を差し引いた額に課税されます。また、固定資産税は、不動産の所有者が毎年支払う税金で、その額は不動産の評価額によって決まります。 また、不動産を売却する場合は、登記手続きが必要です。登記手続きは、不動産の所有権移転の手続きであり、不動産の売却には絶対に必要です。登記手続きには、登録免許税や登記費用などの費用がかかります。 しかし、税金や登記手続きにはポイントがあります。たとえば、所得税については、経費の計算に細心の注意を払う必要があります。経費を連動して支払った場合も、原則として20万円未満の支払いに限られることが多いです。また、固定資産税については、評価額の算出方法が複雑であるため、不動産の評価額を正確に知ることが大切です。 登記手続きについては、不動産のトラブルを防ぐためにも細心の注意を払う必要があります。そのためには、不動産の登録簿謄本を取得し、確認することが重要です。また、登記手続きに必要な書類や費用についても事前に調べておくことが大切です。 以上のように、税金や登記手続きは不動産投資において欠かせないものです。ポイントを押さえて、スムーズに手続きを進めましょう。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。