ホーパーズ株式会社

生活を立て直すリースバックとは?詳しく解説!

お問い合わせはこちら

生活を立て直すリースバックとは?詳しく解説!

生活を立て直すリースバックとは?詳しく解説!

2023/06/07

リースバックという言葉を聞いたことがあるでしょうか。多くの方がこの言葉を知らないかもしれませんが、生活に悩む人たちにとっては一つの救いとなる手段です。リースバックとは、不動産賃貸契約を利用した住宅ローンの借金返済をする方法のことです。今回は、リースバックについて詳しく解説していきます。生活を立て直したい方は必見です。

目次

    リースバックとはどんなもの?

    不動産業界で最近話題となっている取引の一つ、それがリースバックです。一言で言うと、不動産所有者が自社の不動産を売却する代わりに、その不動産をリースバック(賃貸バック)するということです。 この取引は、特に中小企業や個人事業主などの経営者にとって有利とされています。それは、不動産所有者が不動産を売却する代わりにリースバックすることで、自社の資金繰りを改善することができるからです。また、リースバックすることで、不動産を維持するためのメンテナンス費用や管理費用なども抑えられます。 一方で、リースバックにはリスクもあります。例えば、リースバックした不動産を借りる企業や個人が倒産すると、賃貸料を受け取ることができなくなるため、投資家にとってはリスクが増大します。そのため、リースバックを行う前には入念なリスクマネジメントが必要とされています。 しかし、日本でもリースバック市場は次第に拡大しており、今後ますます注目されることが予想されます。不動産経営者は、自社の経営に合ったリースバック取引を選択することで、より合理的な不動産活用を実現することができるでしょう。

    どのような人がリースバックを利用するのか?

    リースバックとは、自社で所有している不動産を買い戻して、同時にリースすることで資金を調達する方法です。この方法を利用する人々は、一般的に経営者や事業家に多く見られます。 たとえば、資金調達のために不動産を売却することを検討していたとします。しかし、その不動産が事業に必要な拠点である場合、売却することで事業が停滞する恐れがあります。リースバックを利用することで、必要な資金を調達しながらも不動産を所有し続けることができます。 また、リースバックを利用するメリットとして、税務上の優遇措置が挙げられます。不動産を自社で所有する場合、固定資産税や不動産所得税など、多額の税金がかかりますが、リースバックを利用することでこれらの負担を軽減することができます。 ただし、リースバックには不動産の評価額やリース料金、契約期間など、慎重な計画立案と交渉が必要です。また、リース契約が満了すると、不動産を取り戻すための費用がかかる場合があります。 リースバックを利用する人々は、事業を拡大するための資金を調達する一方で、不動産を所有し続けることができるため、安定した経営を維持することができます。

    リースバックのメリットは何があるのか?

    リースバックとは、不動産オーナーが所有する物件を売却せずに、その物件を賃貸することでキャッシュフローを確保する方法です。この方式には、以下のようなメリットがあります。 まずは、キャッシュフローの確保ができる点です。不動産オーナーは、物件をリースバック契約によって賃貸することで、現金収入を得ることができます。これによって、不動産を所有することで税金や維持費がかかる場合も、収益を得ることができます。 また、メンテナンスや管理の責任がない点もメリットです。リースバック契約を結んだ場合、物件を使用する賃借人が管理やメンテナンスを行うため、不動産オーナーはその責任を負わなくて済みます。これによって、管理やメンテナンスの面での負担を軽減することができます。 さらに、売却によるキャピタルゲイン税の回避ができる点もメリットです。リースバック契約によって売却することはないため、キャピタルゲイン税の支払いを回避することができます。これによって、より利益を最大限に残すことができます。 以上のように、リースバックにはキャッシュフローの確保、管理責任を負わないこと、キャピタルゲイン税の回避といったメリットがあります。不動産オーナーは自身の状況に合った方法で、物件を保有しながらも収益を得ることができるため、検討する価値があります。

    リースバックにはどのような注意点があるの?

    不動産業界において、リースバックとは所有している不動産を売却し、同時にその不動産をリースバックすることで、資金を調達し自己資本比率を高める方法です。 リースバックを行う際には、以下のような注意点があります。 まず、金利の高さが挙げられます。リースバックの金利は、一般的なローンの金利よりも高くなる場合があり、返済期間も短めに設定されるため、返済の負担が増えることがあります。 また、リースバック契約の際には、デメリットもあることがあります。例えば、自社で使用していた不動産をリースバックしてしまうと、将来的に自社の拡大に必要な土地を確保することが難しくなるなどのデメリットが発生することがあります。 加えて、リースバック契約の売却価格についても慎重に検討する必要があります。いくら売却するかで、将来的な資金繰りに影響を与えることがあります。 以上のように、リースバックを行う際には、計画的かつ慎重な検討が必要です。その中で、メリットとデメリットをよく理解した上で、決断することが大切です。

    リースバックと他の借り入れ方法との比較は?

    不動産業界において、資金調達の手段としては様々な方法がありますが、その中でもリースバックという方法が注目されています。リースバックとは、自社で所有している不動産を金融機関に売却し、そのままその不動産を借りる方法です。そして、その借りた不動産は、本来の使用方法とは異なり、ビジネス活動などに活用することができます。 他の借り入れ方法と比較すると、リースバックは不動産資産の活用方法の一つであり、持続的なキャッシュフローの確立に貢献することができます。また、担保不動産が提供される点で、借り手側にもメリットがあります。 一方で、リースバックはコスト的には他の借り入れ方法よりも高いことがあります。この点を考慮した上で、自社にとって最適な方法を検討し、資金調達を行うことが重要です。 不動産業界においては、リースバック以外にも様々な借入方法があります。例えば預金保険機構による融資、銀行からの融資や債券発行、そして、事業用不動産の売買によるキャッシュリリースなどがあります。それぞれのメリット・デメリットを比較し、自社に最適な方法を選択することが大切です。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。